痛くてかゆくて、なかなか治らない口唇ヘルペス。人と話すとき見られてる気がして恥ずかしい…なんて女性もいるかと思います。そんな口唇ヘルペスの原因と治療方法を紹介したいと思います。

流行のヘルペスは性病の一覧表で検査薬を確認

性病についてはパートナーとの性行為によって、誰でも感染する恐れのあるものと言えます。
そのために性病についての知識を得ておくことが大切で、一覧表を確認することで性病ごとにおける検査薬を把握しておくことが大切です。
以前より認知されていた性病としては淋病や梅毒などがありますが、近年増えているものとしてヘルペスやクラミジアにも注意が必要です。
一覧表を見ることで検査薬を調べることが可能で、性器や口唇のヘルペスに対しては抗ウイルス剤であるバルトレックスやビルヘキサルなどが有効性が高いと言えます。
淋病やクラミジアなどには抗真菌薬や抗生物質が有効で、ミノマイシンやジスロマックなどが処方されます。
女性がなりやすい性病の1種としてカンジダ症がありますが、有効な治療薬としてはビスコポールクリームやエルシド膣錠などがあります。
ヘルペスの疑いがあるときには、医療機関において血液検査を受けることになります。
医療機関において検査薬によって調べる方法が最も良いと言えますが、近年では自宅で検査キットを使ってから郵送する方法でも調べることができます。
性器ヘルペスなどの性病に関しては、女性の方にとっては特にデリケートな問題と言えますので、プライバシーを保護する目的も含めて自宅で検査キットを使う方法が登場しています。
性病の中には自覚症状があらわれない場合もありますので、日頃から一覧表を確認して症状があらわれていないか気にしておくことが大切になります。
性病は自分だけの問題ではなく、性行為を行うパートナーにうつしてしまうものとなりますので、十分に確認しておくことが大切で、万が一病気を発症しているときにはパートナーと一緒に医療機関で検査を受ける必要があります。