痛くてかゆくて、なかなか治らない口唇ヘルペス。人と話すとき見られてる気がして恥ずかしい…なんて女性もいるかと思います。そんな口唇ヘルペスの原因と治療方法を紹介したいと思います。

ヘルペスの潰瘍と悪臭について

ヘルペスというのは、単純ヘルペスウイルスのI型またはII型に感染したことが引き金となって、患部に小さな水ぶくれが多くできる病気のことをいいます。
ウイルスのタイプがI型の場合には、くちびるや周囲の皮膚が患部となって、そのあたりに水ぶくれができやすく、いっぽうのII型の場合には、性器そのもの、あるいはその周囲が患部となるのが一般的ですが、例外もあります。
このヘルペスによる水ぶくれですが、放置しておいても数週間程度たつと、やがて自然にかさぶたになって、剥がれて治ってしまうこともありますが、逆にこの水ぶくれがつぶれてしまい、潰瘍になって、さらに悪化してしまうということもあり得ます。
潰瘍になった場合には、赤くただれたり、痛みが出てきたりということも多いものですが、さらにこの潰瘍に他の細菌が入り込んで、悪臭を放ってしまうということもあります。
性器ヘルペスであれば、性器かその周辺にできた潰瘍からの悪臭ということになりますので、放置してしまうのは得策ではなく、かならず病院などを受診して、適切に治療をすることが正しい判断であるといえます。
潰瘍を放置すると、炎症や悪臭がますますひどくなり、その後適切に治療したとしても、治りがおそくなってしまうことも多いものです。
ヘルペスの治療方法ですが、通常は抗ヘルペスウイルス薬を一定の期間投与して、ウイルスをこれ以上体内で増殖させないようにします。
このようにすることによって、やがて症状は改善しますが、しばらくは無理はしないほうがよいでしょう。
ヘルペスウイルスは、いったん勢力がおさまっても、その後も体内に潜伏しつづけており、体力低下などの時期に再発してしまう可能性が高いからです。